コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所質 ところじち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所質
ところじち

中世,特に戦国時代に,債務者が契約不履行の際,債権者動産を差押える行為の一つ。債権,債務に直接関係のない第三者がしばしば質収行為の被害者になる場合が多いのを特徴とし,この点で一般の質取とは異なる。債務者が負債返還要求に応じなかった際,債権者がその損害賠償を求めて,債務者の同国人の動産を私的に差押える行為を国質,同郷の者の動産を差押える場合を郷質,さらに座など商工業の組織体の動産を差押える場合を所質といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ところ‐じち【所質】

中世の質取り行為の一。債権者が債務の支払いを求めて、債務者の属する組織体の成員やその動産を私的に差し押さえること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ところじち【所質】

中世、債権者が契約を順守履行しない債務者に対して行う強制執行手段。債務者が所属する共同体の成員の身柄または財産を無作為に選んで、実力行使によって差し押さえる行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

所質
ところじち

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の所質の言及

【国質・所質】より

…この語は,地域的政治集団としての守護領国制の成立とかかわって生まれたもので,この時代,そのほか一揆,郷村,郡などの集団に対応し,それぞれ方質,郷質(ごうじち),郡質などが存在した。所質の所という集団がどのようなものであったか現在必ずしも明確にされていないが,近江の都市的な町場であった堅田が所と称され,また山城の大山崎の油座など商工業者の集団にあたえられた特権付与状には,多く国質・所質からの保護がしるされていることなどから,商工業者集団をさすものと想定される。 このような社会慣行として行われた集団間の質取り行為は,ひじょうに古く,氏族制社会において,他の氏族のメンバーに対する氏族のあるメンバーの債権や債務が,彼の氏族の債権・債務であり,そして同時に彼の氏族の全メンバーの債権・債務であるという〈氏族連帯性の原理〉に由来する。…

※「所質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

所質の関連キーワード実力行使農民運動共同体門前町中世身柄禁制

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所質の関連情報