扇田(読み)おうぎた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扇田
おうぎた

秋田県北部、大館(おおだて)市比内(ひない)町地域の中心地区。旧扇田町は1955年(昭和30)に比内町となったが、2005年(平成17)大館市に編入。米代(よねしろ)川の河港として栄え、また羽州街道の脇(わき)として鹿角(かづの)街道などが通じる水陸交通の要地で、物資の集散地であった。JR花輪線扇田駅があり、国道103号、285号が通じる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の扇田の言及

【比内[町]】より

…大館盆地の南部を占め,米代川に沿ってJR花輪線と国道103号線が通じる。中心の扇田は近世には周辺に産する杉材を集散する米代川の河港として栄え,三斎市も立った。戦国時代末期に開坑の大葛(おおくぞ)金山は明治中期まで採鉱していた。…

※「扇田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扇田の関連情報