コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米代川 よねしろがわ

7件 の用語解説(米代川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米代川
よねしろがわ

秋田県北部を流れる川。全長 136km。奥羽山脈に発し,花輪,大館,鷹巣の各盆地を貫流し,能代市で日本海に注ぐ。下流部は能代川とも呼ばれる。盆地内では河岸段丘が発達し,下流部に能代平野を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よねしろ‐がわ〔‐がは〕【米代川】

秋田県北部を西流する川。奥羽山脈中に源を発し、能代(のしろ)で日本海に注ぐ。長さ136キロ。流域の秋田杉・鉱産物の舟運に利用された。河口部は能代川ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

米代川【よねしろがわ】

秋田県北部の川。長さ136km,流域面積4100km2。奥羽山脈の西側に発し,鹿角(かづの),大館,鷹巣(たかのす)の各盆地と峡谷を連ねて西流し,能代市で日本海に注ぐ。
→関連項目合川[町]秋田[県]鷹巣[町]田代[町]比内[町]藤里[町]二ッ井[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よねしろがわ【米代川】

秋田県北部を西流する川。奥羽山脈の岩手県安代(あしろ)町に源を発して秋田県に入り,花輪盆地大館盆地鷹巣(たかのす)盆地出羽山地を貫流し,能代平野より日本海に流出する。河口近くでは能代川とも呼ばれる。幹川流路延長136km,全流域面積4100km2。上流の鹿角(かづの)市,中流の大館市,下流の能代市が中心都市である。奥羽山脈や出羽山地の横谷部は,先行性の流路をとり,上流部の湯瀬渓谷,中流部の徯后(きみまち)坂は景勝地として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よねしろがわ【米代川】

秋田県北部の川。岩手県北西部に発し、奥羽山脈・出羽山地を横断し、能代市で日本海に注ぐ。流域一帯は秋田杉の美林地域。長さ136キロメートル。河口付近は能代川という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕米代川(よねしろがわ)


岩手県北西部から秋田県北部を流れる川。1級河川(米代川水系)。延長136km。流域面積4100km2。奥羽(おうう)山脈北部の稲庭(いなにわ)岳西方に源を発し、花輪(はなわ)盆地・大館(おおだて)盆地・鷹巣(たかのす)盆地の各盆地、能代(のしろ)平野を西流して日本海に注ぐ。河口付近は能代川とも。流域は秋田杉の産地で、江戸時代からスギ材・鉱物・米などの運搬に利用された。1905年(明治38)JR奥羽本線が全通し、水運は衰退した。河口付近には砂丘が発達。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米代川
よねしろがわ

秋田県北部を西流して日本海に注ぐ川。一級河川。秋田県三大河川の一つ。延長136キロメートル(秋田県側で110キロメートル)、流域面積4100平方キロメートル。岩手県の奥羽山脈に発する兄(せ)川、根石川などの水を集め、秋田県に入ると花輪、大館(おおだて)、鷹巣(たかのす)の各盆地と能代(のしろ)平野を貫流して日本海に流入する。支流は31に及び、おもな支流に、鉱山地帯の小坂川、森林地帯の長木川・岩瀬川・早口(はやぐち)川、阿仁(あに)鉱山のある阿仁川などがある。奥羽山脈、出羽山地を横断する先行河川で平均勾配(こうばい)は670分の1、荷上場(にあげば)、早口、大滝、湯瀬(ゆぜ)付近は流路が階段状をなすため、河川交通時代にはかなりの制約を受けた。流域の鉱産物や秋田杉を日本海沿いの能代まで運ぶため江戸時代から舟運が利用されてきた。河口から荷上場(能代市)、鷹巣(北秋田市)、大館(おおだて)・扇田(おうぎだ)・十二所(じゅうにしょ)(大館市)などの河港が発達し、扇田までは200俵積みの大船が通った。終航地は普通は十二所で、風のよいときは沢尻(さわしり)(鹿角(かづの)市)まで上った。天保(てんぽう)年間(1830~1844)には上流から米、大豆、荏粕(えかす)、銅、硫黄(いおう)などを運び、能代港からは塩、松前物(水産物・水産加工物)、砂糖、繰綿(くりわた)、日用品を上流に荷揚げした。1905年(明治38)奥羽線が全通してから舟運は衰えた。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米代川の関連キーワード岩手県北上市飯豊秋田県北秋田市阿仁根子秋田県北秋田市川井秋田県北秋田市五味堀秋田県北秋田市栄秋田県北秋田市鷹巣秋田県山本郡藤里町秋田県北秋田市坊沢秋田県北秋田市米内沢秋田県北秋田市脇神

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米代川の関連情報