コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比内 ひない

3件 の用語解説(比内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比内
ひない

秋田県北東部,大館市南部の旧町域。大館盆地の南半分を占める。 1955年扇田町と東館村,西館村,大葛 (おおくぞ) 村の3村が合体して発足。 2005年大館市に編入。江戸時代,中心地の扇田米代川の河港として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比内
ひない

秋田県北部、北秋田郡にあった旧町名(比内町(まち))。現在は大館(おおだて)市比内町で、市の南部を占める。米代(よねしろ)川の中流域、大館盆地の南半分を占める。旧比内町は、1955年(昭和30)扇田(おうぎた)町と東館(ひがしだて)、西館、大葛(おおくぞ)の3村が合併して成立。2005年(平成17)田代(たしろ)町とともに大館市に編入された。大館盆地一帯の歴史的呼称である比内(アイヌ語で平野の中を流れる川の意)を名称とした。JR花輪線、国道285号が通じる。中心地区の扇田は江戸時代には米代川舟運の船着き場であり、物資の集散地として栄えた。地下資源が豊富で、金、銀、銅、亜鉛を産し、とくに大葛金山は江戸時代には全国でも有数の金山として知られた。農業は米作中心であるが、近年酪農、葉タバコの栽培が増加している。特産品としては、ホウキグサの実であるトンブリと、国の天然記念物に指定されているヒナイドリ(比内鶏)がある。[宮崎禮次郎]
『『比内町誌』(1964・比内町) ▽『比内町史』(1987・比内町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比内の関連情報