コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比内 ひない

3件 の用語解説(比内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比内
ひない

秋田県北東部,大館市南部の旧町域。大館盆地の南半分を占める。 1955年扇田町と東館村,西館村,大葛 (おおくぞ) 村の3村が合体して発足。 2005年大館市に編入。江戸時代,中心地の扇田米代川の河港として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひない【比内】

秋田県北東部、大館市の地名。中心の扇田は近世に米代川舟運の河港として繁栄。比内地鶏・とんぶりを特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比内
ひない

秋田県北部、北秋田郡にあった旧町名(比内町(まち))。現在は大館(おおだて)市比内町で、市の南部を占める。米代(よねしろ)川の中流域、大館盆地の南半分を占める。旧比内町は、1955年(昭和30)扇田(おうぎた)町と東館(ひがしだて)、西館、大葛(おおくぞ)の3村が合併して成立。2005年(平成17)田代(たしろ)町とともに大館市に編入された。大館盆地一帯の歴史的呼称である比内(アイヌ語で平野の中を流れる川の意)を名称とした。JR花輪線、国道285号が通じる。中心地区の扇田は江戸時代には米代川舟運の船着き場であり、物資の集散地として栄えた。地下資源が豊富で、金、銀、銅、亜鉛を産し、とくに大葛金山は江戸時代には全国でも有数の金山として知られた。農業は米作中心であるが、近年酪農、葉タバコの栽培が増加している。特産品としては、ホウキグサの実であるトンブリと、国の天然記念物に指定されているヒナイドリ(比内鶏)がある。[宮崎禮次郎]
『『比内町誌』(1964・比内町) ▽『比内町史』(1987・比内町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比内の関連キーワード大館秋田県大館市東秋田県大館市上町秋田県大館市大館秋田県大館市白沢秋田県大館市中城秋田県大館市八幡秋田県大館市花岡町秋田県大館市曲田秋田県大館市山田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比内の関連情報