羽州街道(読み)うしゅうかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽州街道
うしゅうかいどう

秋田道とも称された。羽州街道は奥州街道福島の北桑折 (きたこおり) で分れ,小坂,金山2峠を越えて上山 (かみのやま) に出,そこから山形,横手,秋田,大館弘前を経て青森にいたる宿駅 58次の街道。佐竹氏,津軽氏ほか諸大名の江戸参勤の道として,また産業開発,領国支配の道路として整備された。裏通りに福島,上山間を通る米沢街道があり,米沢藩主の参勤交代における通路として栄えた。現在では福島-秋田間が国道 13号線,秋田-青森間は国道7号線となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

羽州街道【うしゅうかいどう】

奥州道中の桑折(こおり)宿(現福島県桑折町)から分かれて北西方に向かい,小坂・金山(かねやま)の峠を越えて出羽国に入り,上山・山形・新庄から横手・久保田(秋田)・大館などを経て陸奥国の弘前(ひろさき),三厩(みんまや)(青森県外ヶ浜町)に至る江戸時代脇街道秋田道ともいう。整備されたのは慶長〜寛永期(1596年−1644年)で,58宿を数えた。当街道は南行すれば奥州道中により江戸に達し,出羽・陸奥の大名の参勤交代路として利用されたほか,商品流通路でもあった。
→関連項目矢立峠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしゅうかいどう【羽州街道】

仙台・松前道の桑折(こおり)から分かれて,羽州地方を経て青森で再び同街道に合する近世の脇往還。秋田道ともいう。おもな道筋は上山,山形,新庄,横手,秋田(久保田),弘前等である。宿数は58,または63ともいう。はじめは山形から笹谷街道を経て仙台・松前道に達したが,1622年(元和8)秋田藩主が上山経由の山中七ヶ宿街道を調査し,55年(明暦1)以降本筋となった。秋田~弘前間も62年(寛文2)を境に,以前は大間越・鰺ヶ沢の日本海沿い(後の大間越街道)であったが,以後は大館・碇ヶ関の山道に代わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うしゅうかいどう【羽州街道】

奥州街道の脇街道。福島県伊達だて郡桑折こおりで奥州街道から分岐し、出羽の主要地を結んで青森に至る。秋田街道。おおむね国道一三号と七号に相当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

うしゅうかいどう【羽州街道】


山形県上山市にある街道遺跡。指定名称は「羽州街道 楢下宿(ならげしゅく) 金山越(かなやまごえ)」。羽州街道は、江戸時代に整備された脇往還(五街道に次ぐ街道)の一つ。奥州街道(仙台道)から桑折(こおり)宿(福島県伊達郡桑折町)で分岐し、金山峠を越えて、出羽国(羽州、現在の山形県と秋田県)を縦断し油川宿(青森県青森市)で再び奥州街道(松前道)と合流する。羽州街道は、現在の国道113号・国道13号・国道7号などに相当する。楢下宿は市内の楢下にあり、青森、秋田、山形の諸大名13藩の参勤交代の宿場として、本陣、脇本陣、問屋、旅籠屋、茶店などを備えて賑わい、羽州街道の交通の要衝として栄えた。現在は、脇本陣「庄内屋」を復元するなど、宿場町の面影を伝える歴史的な建物が保存され、点在している。1997年(平成9)に、「羽州街道楢下宿・金山越」として、市内金山の金山峠を越える道「金山越」とともに国の史跡に指定された。楢下宿へは、JR山形新幹線かみのやま温泉駅から山交バス「楢下新町」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽州街道
うしゅうかいどう

奥州道中の桑折(こおり)(福島県桑折町)から青森大浜に達する脇往還(わきおうかん)。秋田道ともいう。小坂峠を越えて山中七ヶ宿を抜け、金山峠から出羽(でわ)に入り上ノ山(かみのやま)、山形、天童(てんどう)、及位(のぞき)、横手、久保田(秋田)、大館(おおだて)、碇ヶ関(いかりがせき)、弘前(ひろさき)を経て大浜で奥州道中に合する。小坂宿より大浜まで58宿、峠と川越の連続で難所が多い。秋田藩佐竹氏が金山峠越の七ヶ宿通りを整備して以来参勤交代の重要交通路となり、秋田藩佐竹氏、弘前藩津軽氏をはじめ、黒石、亀田、本荘(ほんじょう)、新庄、鶴岡(つるおか)(庄内)、松山、長瀞(ながとろ)、天童、山形、上山の12藩が通行した。松前藩主が利用したこともあり、出羽三山の道者なども利用した。街道に沿って最上(もがみ)川が流れていたため、商人荷物や城米輸送は舟運にとられ、物資運送をめぐり舟運との間にしばしば争奪戦がみられた。[山本光正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羽州街道の言及

【街道】より

…北海道でも幕末には南部の沿岸街道では宿継制が敷かれた。羽州街道(江戸街道の小坂通り本道ともいう),奥州街道の桑折から分かれて小坂峠を越え,山中七ヶ宿を過ぎて金山峠を越えて上ノ山に下り,山形,天童,新庄,久保田(秋田),弘前の諸城下を経て,青森で奥州街道に合する。奥州・羽州両街道をつなぐ東西に走る街道も多いが,上ノ山から南下して米沢を経て板谷峠を越えて会津に出る米沢街道もある。…

【出羽国】より

…山形や秋田など城下町の有力商人に,堺や近江出身のものが多いのもそのためである。 陸上の主要な街道は羽州街道で,諸大名の参勤交代にはすべてこれが使われた。この街道は奥州街道(仙台―松前道)から桑折(こおり)で分かれ,陸奥の七ヶ宿街道から金山峠を越えて出羽に入り,上山,山形,新庄,横手,秋田,大館を結んでいる。…

※「羽州街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽州街道の関連情報