コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手の外科の知識 てのげかのちしき

1件 の用語解説(手の外科の知識の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

てのげかのちしき【手の外科の知識】

 手の指には多くの小さな関節があり、それを多くの腱(けん)で動かすことによって、「つかむ」「にぎる」「つまむ」などの動作が可能になります。
 脳の、運動をつかさどる部分(運動野)のかなりの範囲が手の運動で占められており、それだけ手は、人間にとって大事な、発達した器官なのです。
 その手の機能に障害がおこると、日常生活に大きな不自由が生じます。また、手の機能障害がおこってから時間がたてばたつほど、回復の可能性は低くなります。
 できるだけ早く整形外科を受診し、必要であれば、手の外科を専門とする医師のいる病院を紹介してもらうのがよいでしょう。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone