コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手の外科の知識 てのげかのちしき

1件 の用語解説(手の外科の知識の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

てのげかのちしき【手の外科の知識】

 手の指には多くの小さな関節があり、それを多くの腱(けん)で動かすことによって、「つかむ」「にぎる」「つまむ」などの動作が可能になります。
 脳の、運動をつかさどる部分(運動野)のかなりの範囲が手の運動で占められており、それだけ手は、人間にとって大事な、発達した器官なのです。
 その手の機能に障害がおこると、日常生活に大きな不自由が生じます。また、手の機能障害がおこってから時間がたてばたつほど、回復の可能性は低くなります。
 できるだけ早く整形外科を受診し、必要であれば、手の外科を専門とする医師のいる病院を紹介してもらうのがよいでしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

手の外科の知識の関連キーワード股関節指骨レモン金具十指に余る弓懸打出の小槌シャルコー関節シンクラー現象関節軟腫 (articular windpuff)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone