コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手や手指の変形 てやてゆびのへんけい

1件 の用語解説(手や手指の変形の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

てやてゆびのへんけい【手や手指の変形】

 手や手指の変形は、たいていは、腕から手、手指へとのびている神経がどこかで圧迫(絞扼(こうやく))されるためにおこります。
 この状態を、神経絞扼症候群(しんけいこうやくしょうこうぐん)(「神経絞扼症候群とは」)といいます。親指を手のひらのほうに曲げられなくなり、サルのような手の形(サル手)になる手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)(「手根管症候群」)、手指全体や手首が曲がってくるフォルクマン拘縮(こうしゅく)(「フォルクマン拘縮(阻血性拘縮)」)、おもに薬指と小指がワシの爪(つめ)のように(鷲手)曲がってくるデュプイトラン拘縮(「デュプイトラン拘縮」)や尺骨神経(しゃっこつしんけい)まひ、手首のところで手が垂れ下がり(下がり手)伸ばせなくなる橈骨神経(とうこつしんけい)まひなどがその代表です。
 また、手指のけがや関節リウマチの際に、白鳥がくびをもたげたような形になるスワンネック変形(へんけい)、爪のある部分が曲がり、その下が伸びた形になるボタン穴変形(あなへんけい)、爪のある部分が手のひら側に曲がるハンマー指(ゆび)といったいろいろな変形が手の指におこることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

手や手指の変形の関連キーワード小手指ヶ原弾性変形手指高手小手喉から手が出る変形網の目から手ヘバーデン結節アフィン歪手指現象

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone