手を出す(読み)テヲダス

デジタル大辞泉の解説

手(て)を出(だ)・す

手を使って、対象となるものに動作をしかける。「ごちそうに―・す」「高めのボールに―・す」
暴力を振るう。また、けんかをしかける。「口より先に―・す」
新たに関与する。「株に―・す」
人のものを盗む。奪う。「預かり物に―・す」
女性を誘惑する。「勤め先の女性に―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

て【手】 を 出(だ・いだ)

① うったりなぐったりする。暴力を振るう。また、攻撃する。
※黒川本今川仮名目録(1526)四条「相論なかは手を出す輩」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉矮人巨人「勇気堂々たる外貌に嚇かされて手を出す事が出来なかった」
② そのことに関係する。かかわりあう。また、ものごとをやってみる。手出しする。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「是は、我と覚ての仕業、手を出して昼盗人より悪(にく)し」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「人に勝れて出来る事もないが、何にでもよく手を出したがる」
③ 女性と関係する。
※女難(1903)〈国木田独歩〉四「さすが母の戒がありますから、浮とは手(テ)も出(ダ)しませんでしたが」
④ 人の物をとる。奪う。盗む。
※半日(1909)〈森鴎外〉「人の物なんぞに手を出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報