コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を出す(読み)テヲダス

デジタル大辞泉の解説

手(て)を出・す

手を使って、対象となるものに動作をしかける。「ごちそうに―・す」「高めのボールに―・す」
暴力を振るう。また、けんかをしかける。「口より先に―・す」
新たに関与する。「株に―・す」
人のものを盗む。奪う。「預かり物に―・す」
女性を誘惑する。「勤め先の女性に―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てをだす【手を出す】

人や物事に自分から積極的にかかわりをもつ。 「相場に-・す」
暴力を振るう。 「先に-・した方が悪い」
盗んだり奪ったりしようとする。 「他人の物に-・す」
女性と関係する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手を出すの関連情報