コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を出す テヲダス

デジタル大辞泉の解説

手(て)を出・す

手を使って、対象となるものに動作をしかける。「ごちそうに―・す」「高めのボールに―・す」
暴力を振るう。また、けんかをしかける。「口より先に―・す」
新たに関与する。「株に―・す」
人のものを盗む。奪う。「預かり物に―・す」
女性を誘惑する。「勤め先の女性に―・す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てをだす【手を出す】

人や物事に自分から積極的にかかわりをもつ。 「相場に-・す」
暴力を振るう。 「先に-・した方が悪い」
盗んだり奪ったりしようとする。 「他人の物に-・す」
女性と関係する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手を出すの関連キーワードベッケル(フランスの映画監督)フランソワーズ アルヌールリノ ヴァンチュラフィルムノワールバーソロミュー市ちょっかいを出す後出しじゃんけん木枯しに抱かれて多重債務者対策手差し・手差見下げ果てる不幸買います性懲りもない谷村 昌彦ベッケルひょいと長瀬富郎預かり物気が多い吉田昌美

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手を出すの関連情報