手塚良仙(読み)てづか りょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手塚良仙 てづか-りょうせん

1801-1877 幕末-明治時代の医師。
享和元年生まれ。手塚治虫曾祖父。大坂の適塾でまなび,安政5年江戸お玉ケ池の種痘所設立に協力。文久3年歩兵屯所医師。明治10年陸軍軍医として西南戦争に従軍。赤痢にかかり同年10月10日死去。77歳。その生涯は手塚治虫によって「陽だまりの樹」にえがかれた。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手塚良仙の関連情報