コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形に関する国際私法条約 てがたにかんするこくさいしほうじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手形に関する国際私法条約
てがたにかんするこくさいしほうじょうやく

1930年6月7日ジュネーブで署名された統一手形法条約で,正式には「為替手形約束手形ニ関シ法律ノ或抵触ヲ解決スル為ノ条約」という。日本は 32年7月 18日に批准。国際連盟は 30年に国際会議を開催し,為替手形および約束手形に関する統一のための条約を成立させ,多数の国がこれに加入した。しかし,未加入国も存在し,あるいは留保付きの加入もあって統一性は不完全であった。これについては,おのずから国際私法的解決が必要になるが,上記の国際会議ではこの点が考慮されて,実質規定の統一に関する条約を作成するかたわら,為替手形および約束手形に関する法律の抵触に関する条件が成立し,手形に関する国際私法の原則ができあがった。日本はこの条約に基づいて商法の手形法を制定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

手形に関する国際私法条約の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android