手揉(読み)てもみ

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐もみ【手揉】

〘名〙
① 手でもんで和らげること。また、そのもの。
浮世草子西鶴織留(1694)四「男手もみの紙子をこしらへ商ひけるに」
② 主人に追従するだけの腰抜け。
※葉隠(1716頃)二「皆手もみと被思召時は、御高慢出来申候」

て‐もめ【手揉】

〘名〙 (「て」は自分、「もめ」は支弁の意)
① 自己負担すること。自腹を切ること。自弁。
※浮世草子・好色二代男(1684)四「着類の外は手(テ)もめとなって」
② 自費で饗応すること。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「太鼓過ぎてとささやくは女良の手もめの振廻(ふるまひ)客」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android