コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男手 おとこで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男手
おとこで

女手の対で,男の用いる文字の意。本来,漢字そのもの (真名〈まな〉) をさし,女のかなと対立して用いられた。のちには,漢字を用法上かなとして用いた万葉がな (真仮名) の楷・行体をさすようになり,その草体 (草仮名) としての女手と対立して用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おとこ‐で〔をとこ‐〕【男手】

男の労力。また、男の働き手。「男手だけで育てる」「男手が欲しい」⇔女手
男の書いた文字。男の筆跡。男文字。⇔女手
《昔、男が多く用いたところから》漢字。真名(まな)。男文字。⇔女手
「―も女手も習ひ給ふめれ」〈宇津保・国譲上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとこで【男手】

男の手。無骨さを表す語。 「 -一つで子を育てる」
男の働き手。 「 -が足りない」
男の筆跡。
男文字おとこもじ」に同じ。おのこで。 「 -も女手も習ひ給ふめれ/宇津保 国譲上
▽⇔ 女手

おのこで【男手】

おとこで(男手)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の男手の言及

【書体】より

…漢字を真名ということから,この名がある。奈良時代は楷書にほぼ近い形で使用され,これを男手(おとこで),真仮名と称した。平安時代に女性がそれらを草書にして用い,現在の平仮名にみるような略体ができた。…

※「男手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

男手の関連キーワードとうちゃんのかわいいおヨメさんサイラス・マーナー鳥のように放ち書き農夫症父の日男文字木彫葦手

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男手の関連情報