コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手書新聞 てがきしんぶんnewsletter

翻訳|newsletter

世界大百科事典 第2版の解説

てがきしんぶん【手書新聞 newsletter】

手紙に世間話,政治・社会情報など,ニュースを書くことは〈手紙〉の発生とともに古いが,16世紀ヨーロッパの商業貿易のセンターとなるベネチア,ニュルンベルクなどに成立した,ニュースを手書きで複製して代金を払えばだれにでも販売した専門通信業者の商品をいう。活字で印刷された新聞と対比していわれる。当時ヨーロッパ有数の金融業者であったフッガー家は,各地の支店,通信業者から定期的に手紙でニュースを送らせていたが,この類(その集成をフッガー・ツァイトゥンゲンFugger Zeitungenと称する)も広義の手書新聞とみなしてよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の手書新聞の言及

【イギリス】より

… チューダー,スチュアート絶対王政は,印刷・出版業者をギルド(ステーショナーズ・カンパニー)に組織して自己規制させ,星室裁判所に言論統制をゆだね,原則として定期的な国内ニュース伝達媒体を容認しなかった。しかし,庶民院議員が議事の要旨をまとめて選挙区有力者に送る手書新聞news‐letterは,すでにエリザベス時代から慣行化し,17世紀には専門業者も出て印刷されるようになっている。1640年に始まるピューリタン革命により,言論統制の法規・機構が解体されるとともに,革命の進行で全国の耳目を集めることになった議会活動を報道する週刊紙が簇生した。…

【ガゼット】より

…1536年にローマで発行された手書新聞。16世紀には地中海貿易の中心地だったイタリア東海岸の諸都市で,貿易のための情報や貿易で得た各地の情報を載せた手書新聞がいくつも発生した。…

【新聞】より

…これが新聞の起源とされるのは,新聞の特性である記録性,現実性,公開性,定期性を備えていたとみられるからである。しかし中世になると新聞類似物は存在せず,ようやく中世末期の15世紀になってから,貿易・通商活動の発達に伴って商業情報を主とするニュースへの需要が高まり,ニュースを手書きで複製し販売した〈手書新聞〉,手紙の形で送った〈書簡新聞〉が生まれた。15世紀半ばのグーテンベルクの活字印刷の発明以後は,ニュースを1枚刷にした〈フルークブラットFlug blatt〉が街頭で呼び売られた。…

※「手書新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手書新聞の関連キーワードガゼット

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android