コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手鞠歌 てまりうた

3件 の用語解説(手鞠歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手鞠歌
てまりうた

童歌 (わらべうた) の一種。子供が手鞠を使って遊戯するときに歌う歌。つく数を数えるため,数え歌形式の歌が多いが,長い物語形式の歌もあり,全国各地に数多く伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てまり‐うた【手×鞠歌】

子供が手まりをついて遊ぶときにうたう歌。 新年》「―かなしきことをうつくしく/虚子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てまりうた【手鞠歌】

〈まり(鞠)歌〉とも〈まりつき(鞠突)歌〉ともいい,わらべ歌のうち最大の量を擁する遊戯歌。現在伝承されている各地の手まり歌を,その内容や形式のうえから大別すると,まず第1に〈一つとや〉とか,〈大黒様という人は〉〈一番始めは〉〈一匁(もんめ)の一助(いすけ)さん〉のように,おおむね数詞を中心として展開していくものと,他は〈向う横町のお稲荷さんへ〉とか,〈山寺の和尚さんは〉〈わしの大事なお手鞠さァまは〉のように,いろいろな社会的事象――教訓的なもの,名所図絵風なもの,物語風なもの――を歌の中によみこんだ叙事詩的な内容をもつものとに分けることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手鞠歌の関連キーワード鞠・毬鞠突き・毬突き締まりがない毬突きまり(毬∥鞠)まりつきまりつき(鞠突)歌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone