コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才取り サイトリ

デジタル大辞泉の解説

さい‐とり【才取り】

《「すあいとり」の音変化》売買の媒介をして手数料を取ること。また、それを業とする人。ブローカー。
足場の上にいる左官に、助手が下から壁土・漆喰(しっくい)などを渡すこと。また、その助手
才取り棒」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいとり【才取り】

売買を取り次いでその手数料をとること。また、それを業とする人。
左官の手伝いとして、壁土などを才取り棒にのせて足場の上にいる左官に下からわたす作業。また、その人。 「牛若は左官-武蔵坊/柳多留 151
「才取り棒」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

才取りの関連キーワードブローカーしっくい才取り人壁土牙儈牙商

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android