打ちこわし(読み)うちこわし

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸時代,主として都市貧民によりおこされた集団的暴動
百姓一揆でも打ちこわしを伴う場合があるが,歴史的には打ちこわしは都市貧民の暴動をさす。その主要なものは200件近くもあるが,なかでも(1)1733(享保18)年—江戸,(2)1787(天明7)年—大坂→京都・大津・奈良・長崎・江戸など多数,(3)天保年間(1830〜44)—大塩平八郎の乱による大坂と全国各地,(4)幕末慶応期,特に1866(慶応2)年—江戸・大坂と全国各地,の暴動が代表的なものである。これらは多く飢饉に際しておこり,米の買占めを行った米商人をはじめ,地主・村役人・町役人その他富商が攻撃され,文字どおり家屋家財が完全にこわされた。百姓一揆に比べて組織力に欠けるが,時代が下るとこれと相呼応するものも出てきた。江戸・大坂のような重要都市におこり,しばしば無警察状態をつくったので幕府に与えたショックは大きかった。百姓一揆とともに,民衆のエネルギーの爆発として,直接封建制度を倒すことはできなかったとはいえ,その動揺崩壊を促進したところに意義がある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android