コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち抜く ブチヌク

デジタル大辞泉の解説

ぶち‐ぬ・く【打ち抜く】

[動カ五(四)]
強い力を込めて反対側まで貫いて通す。「転んだ勢いでふすまを―・く」
間にある仕切りを取り除いて一続きにする。「三部屋を―・いて会場に当てる」
計画どおり最後までやり通す。「ストライキを―・く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶちぬく【打ち抜く】

( 動五[四] )
大きな力を加えて反対側まで貫き通す。 「三枚重ねた板を-・く」
間にあるしきりなどを取り除いてひと続きにする。 「座敷を-・いて宴会を催す」
[可能] ぶちぬける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

打ち抜くの関連キーワード押し抜き機・押抜き機スーパーインポーズシーリング印刷蕎麦ほうるダイカット剪断加工ロボット筋肉番付押抜き機打菓子一続きパンチ打抜き鑽孔ダイ座敷螺鈿

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打ち抜くの関連情報