通す/徹す/透す(読み)トオス

デジタル大辞泉の解説

とお・す〔とほす〕【通す/徹す/透す】

[動サ五(四)]

㋐一方から他方へ突き抜けさせる。「針に糸を―・す」
㋑まんべんなくゆきわたらせる。「中まで十分に火を―・す」
㋒二点間を結ぶ道筋をつくる。「バイパスを―・す」
㋓正しい筋目をつける。「話の筋を―・す」

㋐ある点を過ぎて行かせる。「車を止めて人を―・す」
㋑(人を)屋内や室内に導き入れる。「客間に―・す」
㋒人を仲立ちとして、また、物を隔ててそのことをする。「先生を―・して頼む」「レンズを―・して見る」
㋓料理店などで、客の注文を帳場に取り次ぐ。

㋐審査して成り立たせる。「法案を―・す」
㋑無理やりに受け入れさせる。「我を―・す」

㋐最後までその状態を続ける。「独身で―・す」
㋑全期間、また、全体にわたってする。「夜を―・して話す」「書類に目を―・す」
(動詞の連用形について)最後まで…続ける。「遂にやり―・した」
[可能]とおせる
[下接句]一念岩をも通す牛は願いから鼻を通す思う念力岩をも通す女の一念岩をも通す我を通す気を通す錐(きり)嚢(ふくろ)を通す袖(そで)を通す手を通す・念力岩を徹(とお)す・火を通す目を通す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android