貫く(読み)ツナヌク

  • ▽貫く
  • つなぬ・く
  • つらぬ・く

デジタル大辞泉の解説

[動カ四]つらぬく」に同じ。
「形代(かたしろ)が首を切って剣の先に―・き給へば」〈・調伏曽我〉
[動カ五(四)]
こちら側から反対側まで突き通る。貫通する。「弾丸が壁を―・く」
端から端まで通る。貫通する。「川が町を―・いて流れる」「鋭い痛みが全身を―・く」
考えや態度などを変えることなく保ち続ける。貫徹する。「初志を―・く」
[可能]つらぬける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貫くの関連情報