貫く(読み)ツラヌク

デジタル大辞泉「貫く」の解説

つら‐ぬ・く【貫く】

[動カ五(四)]
こちら側から反対側まで突き通る。貫通する。「弾丸を―・く」
から端まで通る。貫通する。「川が町を―・いて流れる」「鋭い痛みが全身を―・く」
考えや態度などを変えることなく保ち続ける。貫徹する。「初志を―・く」
[可能]つらぬける
[類語](1)(2突き刺す突き通す突き抜く刺し通す刺し貫くぶち抜く通す縦貫貫通/(3徹する一貫終始貫徹通す押し通す押し切る徹底終始一貫首尾一貫

つな‐ぬ・く【貫く】

[動カ四]つらぬく」に同じ。
形代かたしろが首を切って剣の先に―・き給へば」〈・調伏曽我〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android