コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち紛る ウチマギル

デジタル大辞泉の解説

うち‐まぎ・る【打ち紛る】

[動ラ下二]
他のものにまじって目立たなくなる。
「この人の御様の、なのめに―・れたるほどならば」〈総角
他の事に気をとられていやなことを一時忘れる。
「はかなきことにても、もの思はしく―・るる事あらむを」〈・若菜下〉
忙しさで、他の事を顧みなくなる。
「世渡るわざに―・れ」〈仮・竹斎・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android