コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打撒 うちまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打撒
うちまき

祓の際や,神仏に参ったときなどに水に浸した米をまき散らすこと,またその米のこと。散米 (うちまき) とも書き,「さんまい」ともいう。に際してまくのは,米のもつ霊力で悪霊や災厄を防除し,心身や四囲を清めようとするためである。社前にまくのは神供としてであり,オサゴ (お散供のなまった語) などとも呼ばれる。賽銭箱が普及して,そこに銭を奉財する習俗が一般化したのは近世になってからであるといわれ,散米の習俗は,その一つ以前の姿を伝えるものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の打撒の言及

【散米】より

…神や仏に参ったとき供える米,または祓(はらい)や清めの目的でまき散らす米。サンゴ(散供),オサゴ(御散供),ウチマキ(打撒)などといい,白紙に米を包んで一方をひねったものをオヒネリともいうから,もとは神への供え物である米を意味したが,米の霊力によって悪魔や悪霊を祓うためにまき散らすこととなった。たとえば,《延喜式》記載の大殿祭(おおとのほがい)の祝詞の注に,出産にあたって産屋に米をまき散らし,米の霊力によって産屋を清めたことがみえている。…

※「打撒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

打撒の関連キーワード賽銭箱釈文

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android