コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶余遺跡 ふよいせき Puyǒ

1件 の用語解説(扶余遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶余遺跡
ふよいせき
Puyǒ

韓国忠清南道扶余邑,すなわち百済後期の都である泗ひにある遺跡の総称。中心をなす都城址は不詳であるが,その北には軍倉跡のある扶蘇山城,南には平百済塔のある定林寺跡四天王寺式伽藍配置で有名な軍守里廃寺址,東には陵山里の壁画古墳を含む王陵群と大規模な青馬山城址があり,錦江をへだてて,文様 塼で著名な窺岩面の廃寺跡などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扶余遺跡の関連キーワード大田砂宅智積碑忠清南道扶余平百済塔陵山里古墳群落花岩五方・五部松菊里遺跡定林寺址

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone