コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抑圧的寛容 よくあつてきかんようrepressive tolerance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抑圧的寛容
よくあつてきかんよう
repressive tolerance

管理社会状況における寛容の逆機能を表わした H.マルクーゼ概念。本来,諸個人の思想や表現の自由を保障する民主主義的な徳であった寛容が,高度に発達した産業社会においては無差別な寛容へと転化した状態をさす。その寛容の対象は個人の内面の自由から体制の支配構造にまで無差別に拡大している。そのなかで少数者の見解が寛容されるのはそれが効果を生まないからである。そのため寛容は従来の解放のための概念というより,むしろ社会対立の争点を曖昧にして支配構造の安定をはかる抑圧的な概念に変容したといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android