コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗凝固剤 こうぎょうこざいanticoagulants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗凝固剤
こうぎょうこざい
anticoagulants

血液の凝固を防止する薬剤。クエン酸塩,シュウ酸塩,ヘパリンデキストランおよび硫酸ナトリウムなどがある。輸血赤沈の際にはクエン酸ナトリウム,血液検査用には二重シュウ酸塩を用いる。ヘパリンは理想的であるが高価である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の抗凝固剤の言及

【保存血】より

…輸血用血液は,採取した血液に抗凝固剤であるACD液またはCPD液(いずれもクエン酸,クエン酸ナトリウム,ブドウ糖からなり,後者にはリン酸水素ナトリウムNaH2PO4が加わる)を加え,主として赤血球の代謝を抑えるために4~6℃で保存されるが,保存血には全血と濃厚赤血球が含まれるが,現在濃厚赤血球は全血よりバフィコート(白血球と血小板を含む成分),血漿のほとんどを除き,新しい保存液MAP液(マニトール,アデニン,フォスフェート)を加えた赤血球MAPを指す。したがって採血後21日目までのこれらの輸血用血液の名称である。…

※「抗凝固剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗凝固剤の関連情報