コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜毛癖 ばつもうへきtrichotillomania

世界大百科事典 第2版の解説

ばつもうへき【抜毛癖 trichotillomania】

体毛,とくに頭髪を自分の手で引き抜く症状で,10歳代の女子に多い。引き抜いた部分は髪がうすく,不格好になるが,それを承知でなおも引き抜かないではいられないという強迫的衝動に抜毛癖の本質があり,神経症の特異な一型とされる。抑圧できない怒りや攻撃性を抜毛によって解消しようとするという説明が通例だが,自慰行為の代償,または自慰への欲求の防衛であるという見方もある。【宮本 忠雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

抜毛癖の関連キーワード抜毛症

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android