コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱関撃柝 ホウカンゲキタク

デジタル大辞泉の解説

ほうかん‐げきたく〔ハウクワン‐〕【抱関撃×柝】

門番と夜回り身分の低い役人のこと。
「―辞す可からざる今の場合」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうかんげきたく【抱関撃柝】

門番と拍子木を打って夜警をする人。また、身分の低い小役人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抱関撃柝の関連キーワード拍子木門番夜警