コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗極小の現象 ていこうきょくしょうのげんしょうphenomenon of resistance minimum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抵抗極小の現象
ていこうきょくしょうのげんしょう
phenomenon of resistance minimum

銀,銅,金などの貴金属に不純物としてクロム,マンガン,鉄などの磁性原子がごく微量含まれていると,低温では温度が下がるにつれて電気抵抗が減少し,約 10Kで抵抗に極小が現れ,それ以下では再び抵抗が増大する。これを抵抗極小の現象という。 1964年近藤淳はこの現象を理論的に説明した。 (→近藤効果 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android