コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗極小の現象 ていこうきょくしょうのげんしょう phenomenon of resistance minimum

1件 の用語解説(抵抗極小の現象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抵抗極小の現象
ていこうきょくしょうのげんしょう
phenomenon of resistance minimum

銀,銅,金などの貴金属不純物としてクロムマンガン,鉄などの磁性原子がごく微量含まれていると,低温では温度が下がるにつれて電気抵抗が減少し,約 10Kで抵抗に極小が現れ,それ以下では再び抵抗が増大する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抵抗極小の現象の関連キーワードアセチリド貴金属重金属不純物半導体黄水晶鉱石鉱物不純物フリーデル総和則リンデの法則(固体物理)電解精製

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone