コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拓版 たくはん

世界大百科事典 第2版の解説

たくはん【拓版】

凹凸のある物体に紙をのせて上から鉛筆,クレヨンなどで摩擦し,あるいは墨,絵具を含ませたたんぽでたたくなどして形を写し取る凸版の一技法。中国では2世紀以後,碑銘を写すために常用された。ヨーロッパでも中世末から教会内の碑銘や墓碑銘を写し取るのに用いられた。現代ではM.エルンストが作品集《博物誌》にこの技法を用い,以後フロッタージュの名称で現代絵画の一造形技法となっている。【坂本 満】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

拓版の関連キーワード長谷川三郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android