コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拓版 たくはん

1件 の用語解説(拓版の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たくはん【拓版】

凹凸のある物体に紙をのせて上から鉛筆,クレヨンなどで摩擦し,あるいは墨,絵具を含ませたたんぽでたたくなどして形を写し取る凸版の一技法。中国では2世紀以後,碑銘を写すために常用された。ヨーロッパでも中世末から教会内の碑銘や墓碑銘を写し取るのに用いられた。現代ではM.エルンストが作品集《博物誌》にこの技法を用い,以後フロッタージュの名称で現代絵画の一造形技法となっている。【坂本 満】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拓版の関連キーワード見台モールド首台薦の上から育て上げる透写し張子瞬間弾性率ずり粘度デッキパッドエアターン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拓版の関連情報