コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拙政園 せっせいえん

2件 の用語解説(拙政園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せっせいえん【拙政園】

中国の江蘇(こうそ)省の蘇州(そしゅう)(スーチョウ)にある、蘇州最大の庭園。中国四大名園の一つに数えられ、広さは5haにおよび、造園芸術の傑作といわれている。◇「拙政園」の名称の由来は、潘岳が詠んだ閑居賦の一節「拙者之為政(愚か者が政治を行っている)」による。園内は東園、中園、西園で構成され、「水」がテーマの拙政園は、敷地面積の5分の3が池や堀などで占められている。中園の景観は特にすばらしい。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

拙政園

世界文化遺産に指定されている蘇州の古典園林。その中の拙政園は、中国4代名園のひとつでもあり、有名な小説「紅楼夢」の舞台・大観園のモデルともいわれています。もとは唐の詩人陸亀蒙の邸宅でしたが、元代に寺になり、明の時代になって官職を追放された王献臣が故郷の蘇州で寺を買い取り庭園にしたものです。拙政園という名は「閑居賦」の「愚かな者が政治をつかさどる」という意味の一節からとったという説があります。園内は東園、中園、西園の三つに大きく分けられます。敷地の半分以上が大小の美しい蓮池で占められており、特に中園の「遠香堂」からの蓮池の眺めは絶景と評されています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拙政園の関連キーワード山東省パパントラ文化遺産世界自然遺産世界文化遺産複合遺産アユタヤ世界遺産の祭典富士山の世界文化遺産登録を目指す運動ヴァッハウ渓谷蘇州古典園林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone