招魂(読み)しょうこん

精選版 日本国語大辞典「招魂」の解説

しょう‐こん セウ‥【招魂】

〘名〙
死者を招き呼び、肉体に鎮めること。転じて、死者の霊を招いてまつること。死者をとむらうこと。たまむかえ。たまよばい。
※殿暦‐永久三年(1115)一二月二三日「自一条殿余有祭〈招魂〉」
※日中行事(1334‐38頃)「日毎のせうこんの御まつり、今は定まれる事也」
② 生者の魂を招くこと。〔太平御覧‐妖異部・魂魄〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「招魂」の解説

しょう‐こん〔セウ‐〕【招魂】

死者の霊をまねいて祭ったり鎮めたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「招魂」の解説

【招魂】しよう(せう)こん

死者、あるいは生者の魂を招く。唐・杜甫〔彭衙行〕 湯を(あたた)めて我が足を(あら)ひ 紙を翦(き)つて我が魂を招く

字通「招」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の招魂の言及

【楚辞】より

…そうした基礎の上に,戦国後半期の中国全土が統一に向かう趨勢の中で,文学的な内容をそなえた楚辞の作品群が形成されてくる。 天地構造や歴史に関する疑問を列挙した〈天問〉,身体を遊離した魂を招き返そうとする〈招魂〉,山川の神々の祭歌である〈九歌〉などが楚辞の宗教的基盤をよく反映した作品だと言えよう。こうした基礎の上に,地上に入れられず,天上や神話的な異域を遊行する主人公の自叙からなる〈離騒〉が形成されて楚辞文学の頂点をなす。…

※「招魂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android