コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招魂 ショウコン

大辞林 第三版の解説

しょうこん【招魂】

肉体から離れ出た霊魂を呼び戻して鎮めること。また、死者の霊を招いてまつること。 → たま呼ばい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の招魂の言及

【楚辞】より

…そうした基礎の上に,戦国後半期の中国全土が統一に向かう趨勢の中で,文学的な内容をそなえた楚辞の作品群が形成されてくる。 天地構造や歴史に関する疑問を列挙した〈天問〉,身体を遊離した魂を招き返そうとする〈招魂〉,山川の神々の祭歌である〈九歌〉などが楚辞の宗教的基盤をよく反映した作品だと言えよう。こうした基礎の上に,地上に入れられず,天上や神話的な異域を遊行する主人公の自叙からなる〈離騒〉が形成されて楚辞文学の頂点をなす。…

※「招魂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

招魂の関連キーワード山口県山口市大内長野新潟県柏崎市学校町青森県護国神社山崎豊(2)中谷 孝雄悠久山公園大久保春野エセーニン思い設ける一松斎素翁中谷孝雄幡鎌幸雄靖国問題靖国神社山崎一郎桑原楯雄金子マリ杉浦大学桑原真清成増さる

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

招魂の関連情報