生者(読み)ショウジャ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じゃ〔シヤウ‐〕【生者】

生命のあるもの。生きているもの。せいじゃ。

せい‐じゃ【生者】

《「せいしゃ」とも》生きている者。しょうじゃ。⇔死者

なま‐もの【生者】

未熟な者。なまいきな者。また、身分の卑しい者。
「今は昔、京にきはめて身貧しき―ありけり」〈今昔・三〇・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじゃ【生者】

生きているもの。生あるもの。せいじゃ。

せいしゃ【生者】

〔「せいじゃ」とも〕
生きている者。命ある者。しょうじゃ。

なまもの【生者】

身分のいやしい者。また、未熟な者。 「京に極めて身貧しき-有りけり/今昔 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生者の関連情報