生者(読み)なまもの

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐もの【生者】

〘名〙 (「なま」は接頭語)
① 知ったふりをする人。なまいきな者。
※源氏(1001‐14頃)蓬生「御調度どもをいと古体になれたるが、昔様にてうるはしきを、なまものの故知らむと思へる人」
② 身分の卑しい者。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「かやうの所にはよからぬなまものどもの」

せい‐じゃ【生者】

〘名〙 (「せいしゃ」とも) 生きているもの。命ある者。しょうじゃ。
※童子問(1707)中「凡生者不動。惟死者而後見其真静也」 〔礼記‐檀弓〕

しょう‐じゃ シャウ‥【生者】

〘名〙 生きているもの。いのちあるもの。生まれた者。せいじゃ。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じゃ〔シヤウ‐〕【生者】

生命のあるもの。生きているもの。せいじゃ。

なま‐もの【生者】

未熟な。なまいきな者。また、身分の卑しい者。
「今は昔、京にきはめて身貧しき―ありけり」〈今昔・三〇・五〉

せい‐じゃ【生者】

《「せいしゃ」とも》生きている者。しょうじゃ。⇔死者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例