コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拱く コマヌク

デジタル大辞泉の解説

こまぬ・く【×拱く】

[動カ五(四)]
腕組みをする。
「手ヲ―・イテ立ツ」〈和英語林集成
(「腕をこまぬく」などの形で)何もしないで傍観する。「手を―・いて待つ」

こまね・く【×拱く】

[動カ五(四)]こまぬく」の音変化。「腕を―・いてみている」

た‐むだ・く【×拱く】

[動カ四]《「手(た)抱(むだ)く」の意》腕を組む。
「―・きて我(われ)はいまさむ」〈・九七三〉

たんだ・く【×拱く】

[動カ四]《「たむだく」の音変化》両手を組む。両手を合わせて拝礼する。転じて、ある方向に向かう。
「人間の水は南、星は北に―・くの、天(あま)の海面(うみづら)雲の波」〈謡・天鼓

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こまぬく【拱く】

( 動五[四] )
両手を胸の前で重ね合わせる。腕を組む。もと、中国の敬礼の動作。 「はてなと思ひ、暫し腕-・き/怪談牡丹灯籠 円朝
手出しせず傍観する。なにもしないで見ている。こまねく。 「手を-・いて見物している」 〔近年では「こまねく」の形も多く用いられる〕

こまねく【拱く】

( 動五[四] )

たむだく【拱く】

( 動四 )
〔「た(手)むだく(抱)」の意。「たうだく」とも〕
腕を組む。手をこまねいている。 「平らけく我は遊ばむ-・きて我はいまさむ/万葉集 973

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拱くの関連情報