コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を拱く テヲコマヌク

デジタル大辞泉の解説

手(て)を拱(こまぬ)・く

《「てをこまねく」とも》
両手の指を胸の前で組んで敬礼する。中国で行われたあいさつの方法。
腕組みをする。手をつかねる。「―・いて思いにふける」
何もしないで傍観している。手をつかねる。腕をこまぬく。「当局も―・いていたわけではない」
「要吉は―・いて女の泣き止むのを待っていた」〈森田草平煤煙
[補説]文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「をこまねいて待っていた」を、本来の意味とされる「何もせずに傍観している」で使う人が40.1パーセント、本来の意味ではない「準備して待ち構える」で使う人が45.6パーセントという逆転した結果が出ている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てをこまぬく【手を拱く】

〔「手をこまねく」とも〕
〔礼記 曲礼上〕 もと、中国の敬礼の一。両手の指を胸の前で組み合わせて挨拶する。
腕組みをする。
〔史記 秦始皇本紀賛〕 何もしないでいる。または、何もできないでいる。手をつかねる。 「 - ・いているばかりで、助けようともしない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手を拱くの関連キーワード世論調査文化庁史記補説敬礼礼記

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手を拱くの関連情報