拳打(読み)ケンダ

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐だ【拳打】

〘名〙 こぶしをかためて打つこと。げんこつでなぐること。
※読本・忠臣水滸伝(1799‐1801)後「天川屋屠児(えとり)を拳打す」 〔南史‐斉魚復侯子響〕

こぶし‐うち【拳打】

〘名〙
① 互いにで打ち合って、勝負する技。拳法の類。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 小児の遊戯の一つ。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の拳打の言及

【拳】より

…拳戯は中国からの渡来遊戯とするのが通説で,中国では拇戦,拇陣,中指之戯などと呼ばれ,酒宴の座興として行われた。日本では拳打あるいは○○拳と呼ばれ,江戸期に長崎から京坂,そして江戸へと伝えられた。現在では,拳といえば〈じゃんけん〉を想起するのが一般的だが,その他にもさまざまな拳がある。…

※「拳打」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android