コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持(ち)切る モチキル

デジタル大辞泉の解説

もち‐き・る【持(ち)切る】

[動ラ五(四)]

㋐最後まで持ちつづける。終わりまでその状態を続ける。「巧みな話術で座を―・る」
㋑そのすべてを持つ。「費用を―・る」「両手で―・れないほどの荷物」
その間、話題がある事に集中する。
「卑猥極る話で―・っている」〈荷風つゆのあとさき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android