助太刀(読み)スケダチ

デジタル大辞泉の解説

すけ‐だち【助太刀】

[名](スル)あだ討ちや果たし合いなどに助力すること。転じて、加勢や援助をすること。また、その人。「助太刀を頼む」「助太刀してもらう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すけだち【助太刀】

( 名 ) スル
敵討ち・果たし合いなどの加勢をすること。また、その人。 「義によって-する」
人に加勢をすること。また、その人。手伝い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すけ‐だち【助太刀】

〘名〙
① 果たし合いやあだ討ちなどに勢すること。また、その人。
※碧巖虎哉抄(1570頃)四「円悟のすけだちをうたれた、円悟はゆるすまい」
② 人に加勢、助力をすること。また、その人。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「彌次馬になって助太刀(スケダチ)をする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の助太刀の言及

【敵討】より

…このような余裕がなければ路上で名のりをあげて切り掛かってもよいが,討ち止めたら現地の役所から江戸にうかがって処置した。討手を助ける助太刀(すけだち)も幕府の奉行所に帳付を願うべきであった。敵討を禁止された場所は,禁裏御所築地内,江戸城曲輪(くるわ)内,寛永寺・増上寺両山内であった。…

※「助太刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助太刀の関連情報