コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院基春 じみょういん もとはる

2件 の用語解説(持明院基春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持明院基春 じみょういん-もとはる

1453-1535 戦国時代の公卿(くぎょう),書家。
享徳2年生まれ。持明院基規(もとのり)の父。正三位,参議。世尊寺(せそんじ)行高にまなび,能筆で知られる。天文(てんぶん)元年(1532)世尊寺行季(ゆきすえ)の死で代々朝廷の書役(かきやく)をつとめてきた世尊寺家が断絶したため,基春が書役につき,以降は持明院家が継承した。持明院流の祖。天文4年7月26日死去。83歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

持明院基春

没年:天文4.7.26(1535.8.24)
生年:享徳2(1453)
室町時代の公家。正三位,参議。父は基信。世尊寺家16代行高から書を学び,能書として著名。足利義澄のとき,室町幕府将軍家所用の征旗を揮毫した。また,文亀2(1502)年には,行高から相伝を受けた世尊寺家所伝の秘説を世尊寺家17代の行季に授けた。しかし,天文1(1532)年に行季が戦死して世尊寺家が断絶すると,後奈良天皇の勅許により,基春が入木道(書道の異称で,師匠から弟子にと継承される型にはまった書道をいう)を相承した。以後,持明院家が宮廷の書き役を奉仕することになり,宮廷書壇の中心をなした。<参考文献>小松茂美『日本書流全史』

(島谷弘幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の持明院基春の言及

【持明院家】より

…藤原氏北家の流れ。中御門庶流。家格は羽林家。藤原道長の子右大臣頼宗の孫基頼を祖とする。家名は,基頼が邸宅内に建立した持仏堂を持明院と名づけたのに由来し,その子通基は,これを改めて安楽行院としたが,持明院を家号とした。通基の子基家は,その女が後高倉院の妃となり,後堀河天皇の生母であったことから,外祖父として基家の父祖が昇進できなかった中納言に昇り,代々これを先途とした。江戸時代の初め,承嫡の者がなく家名断絶の危機に見舞われるが,徳川家の家臣の子大沢基定を入れて家名を継承した。…

※「持明院基春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

持明院基春の関連キーワード高倉範久高倉嗣章三室戸光村入江相永高倉永藤高倉永行月輪季尹山科家豊山科教遠山科教冬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone