コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院流 じみょういんりゅう

3件 の用語解説(持明院流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持明院流
じみょういんりゅう

室町時代末に興った書道の流派。世尊寺流藤原行成を始祖として歴代朝廷の書役に奉仕してきたが,享禄2 (1529) 年 17代行季の没後,子孫が絶えたので,後奈良天皇の勅旨により世尊寺行高の門にあった持明院基春をこれにあてた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じみょういんりゅう【持明院流】

書道の一流派。後奈良天皇の時代(1526~1557)世尊寺派から分かれ、持明院基春が創始したもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の持明院流の言及

【世尊寺流】より

…世尊寺の家系は室町時代に及び,1529年(享禄2)17代行季の死で断絶した。世尊寺家は代々朝廷の書役をつとめたが,その後は持明院基春の持明院流によって受け継がれた。世系とは別に,書風の上では世尊寺流から青蓮院流(尊円流)が出て御家(おいえ)流ともよばれ,江戸時代には最も普遍的な書道となった。…

※「持明院流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone