コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院基規 じみょういん もとのり

1件 の用語解説(持明院基規の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持明院基規 じみょういん-もとのり

1492-1551 戦国時代の公卿(くぎょう),書家。
明応元年生まれ。持明院基春の子。正三位,権(ごんの)中納言。朝廷の書役(かきやく)をつとめる。周防(すおう)(山口県)に滞在中,陶晴賢(すえ-はるかた)の大内義隆への謀反(むほん)にまきこまれ,天文(てんぶん)20年9月1日死去。60歳。初名は家親。号は一忍軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

持明院基規の関連キーワード源朝子明応若山城と陶晴賢大友宗麟アンリ織田信秀大巌寺大寧寺ロレンソ織田信長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone