コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院基規 じみょういん もとのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持明院基規 じみょういん-もとのり

1492-1551 戦国時代の公卿(くぎょう),書家。
明応元年生まれ。持明院基春の子。正三位,権(ごんの)中納言。朝廷の書役(かきやく)をつとめる。周防(すおう)(山口県)に滞在中,陶晴賢(すえ-はるかた)の大内義隆への謀反(むほん)にまきこまれ,天文(てんぶん)20年9月1日死去。60歳。初名は家親。号は一忍軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

持明院基規の関連キーワード戦国時代二条尹房公卿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android