コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世尊寺 セソンジ

大辞林 第三版の解説

せそんじ【世尊寺】

京都一条の北、大宮の西の地にあった寺。清和天皇の第六皇子貞純親王の営んだ桃園宮を伝領した藤原行成が、その宮内に建立したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世尊寺の関連キーワード比曽寺・比曾寺・比蘇寺青蓮院宮尊円法親王建礼門院右京大夫新潟県佐渡市竹田世尊寺定成世尊寺行康世尊寺行季清水谷実秋世尊寺経朝世尊寺行房世尊寺行能持明院基春世尊寺伊俊尊円親王中院通村藤原定信藤原伊行世尊寺流雲居の桜藤原行成

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android