コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指原安三 さしはら やすぞう

2件 の用語解説(指原安三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

指原安三 さしはら-やすぞう

1850-1903 明治時代の漢学者。
嘉永(かえい)3年3月生まれ。大阪で藤沢南岳に,東京で三島中洲(ちゅうしゅう)らにまなび,共立学舎で漢文をおしえる。明治22年鳥尾小弥太保守党中正派の結成にくわわり,機関誌「保守新論」の編集にあたる。のち陸軍幼年学校などの教官をつとめた。明治36年3月9日死去。54歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。号は左腕居士,豊洲。編著に「明治政史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

指原安三

没年:明治36.3.9(1903)
生年:嘉永3.3(1850)
明治期の新聞記者,評論家。豊後国臼杵藩(大分県)藩士指原卯兵衛の子に生まれる。幼少時に父を失い,苦学。大阪府巡査を経て上京し,二松学舎,同人社に学び,共立学舎幹事となり,漢文を教授。明治22(1889)年,鳥尾小弥太が保守党中正派を結成するや参加し,機関誌『保守新論』の編集長を務め,国権論を唱えた。26年,明治初期から中期の政治史である『明治政史』を刊行した。その後,陸軍幼年学校,陸軍学校教官。『明治政史』は,『明治文化全集』に収録される。<参考文献>小林富三編『指原安三氏伝』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指原安三の関連キーワード千葉亀雄新聞記者岩淵辰雄加藤九郎古波蔵保好柴田かよ関如来花見達二細井肇前田蓮山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone