コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指原安三 さしはら やすぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

指原安三 さしはら-やすぞう

1850-1903 明治時代の漢学者。
嘉永(かえい)3年3月生まれ。大阪で藤沢南岳に,東京で三島中洲(ちゅうしゅう)らにまなび,共立学舎で漢文をおしえる。明治22年鳥尾小弥太の保守党中正派の結成にくわわり,機関誌「保守新論」の編集にあたる。のち陸軍幼年学校などの教官をつとめた。明治36年3月9日死去。54歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。号は左腕居士,豊洲。編著に「明治政史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

指原安三

没年:明治36.3.9(1903)
生年:嘉永3.3(1850)
明治期の新聞記者,評論家。豊後国臼杵藩(大分県)藩士指原卯兵衛の子に生まれる。幼少時に父を失い,苦学。大阪府巡査を経て上京し,二松学舎,同人社に学び,共立学舎幹事となり,漢文を教授。明治22(1889)年,鳥尾小弥太が保守党中正派を結成するや参加し,機関誌『保守新論』の編集長を務め,国権論を唱えた。26年,明治初期から中期の政治史である『明治政史』を刊行した。その後,陸軍幼年学校,陸軍学校教官。『明治政史』は,『明治文化全集』に収録される。<参考文献>小林富三編『指原安三氏伝』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

指原安三の関連キーワード三大事件建白運動大同団結運動立憲自由党欧化主義超然内閣明治時代漢学者

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android