指宣旨(読み)シセンジ

デジタル大辞泉 「指宣旨」の意味・読み・例文・類語

し‐せんじ【指宣旨】

平安時代一分召いちぶめし除目じもくで、諸国史生ししょう任命するときの宣旨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「指宣旨」の意味・読み・例文・類語

し‐せんじ【指宣旨】

  1. 〘 名詞 〙 平安時代、一分召(いちぶめし)除目において、諸国の史生を任命する際に用いた宣旨。国の史生に任官を求める者が、欠員のある国名一、二を挙げて申請するのに対し、式部省が人選し勅許を得た後、申請書(申文(もうしぶみ))の国名に傍点を付して任国を示し、任命の宣旨としたもの。
    1. [初出の実例]「指宣旨一束〈申文載一両国也、要国字傍以墨点、謂之指宣旨〉」(出典西宮記(969頃)三)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android