指宣旨(読み)シセンジ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せんじ【指宣旨】

〘名〙 平安時代一分召(いちぶめし)の除目において、諸国の史生を任命する際に用いた宣旨。国の史生に任官を求める者が、欠員のある国名一、二を挙げて申請するのに対し、式部省が人選し勅許を得た後、申請書(申文(もうしぶみ))の国名に傍点を付して任国を示し、任命の宣旨としたもの。
※西宮記(969頃)三「指宣旨一束〈申文載一両国也、要国字傍以墨点、謂之指宣旨〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android