申文(読み)もうしぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申文
もうしぶみ

古文書の一様式。下位の者から上位の者に提出する文書をさし,書出しに「申」の字がある。公式令に定める「」の変容したもの。しかし,倉時代以降,申文なる名称は貴族の官位申請文書だけに用いられ,一般の上申文書は申状と称されるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もうし‐ぶみ〔まうし‐〕【申文】

下位の者から上位の者へ、願い事などを書いて差し出す文書。中世には多く申し状とよばれた。奏文。
「入道殿下の御前に、―をたてまつるべきなり」〈大鏡・道長上〉
特に平安時代以後、官人が、叙任や官位の昇進を望むとき、その理由を書いて朝廷に上奏した文書。款状(かんじょう)。
「いみじうこほりたるに、―もてありく」〈・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もうしぶみ【申文】

古文書様式の一つ。上申文書で,下位のものが上位に対して事柄を〈申上る〉文書ということからこの名があり,申状ということもある。公式様(くしきよう)上申文書である(げ)が冒頭に〈何某解申……事〉とあるのが,しだいに〈何某申……事〉と変化し,名称も解(解文)から申文に変わったといわれる。中世以降は申文というと,とくに官人叙位任官や官位昇進を希望して,朝廷に申請する款状(かじよう)をさしていうようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もうしぶみ【申文】

個人がその所属官司や上位者に対して請願・訴訟・請求などのために用いる文書様式。中世以降は申状もうしじようの呼称が一般的となり、申文はの用法に限定されるようになった。解文げぶみ。解状。愁状。
平安時代、朝廷に対して、官司がその所属官人の叙位・任官を申請し、また官人自らが申請する場合に提出される文書。申状。款状かんじよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の申文の言及

【款状】より

…古代・中世の古文書様式の一つ。申文(もうしぶみ)ともいう。官人・僧侶が位階や官職の叙任や昇進を望むため,自己の経歴・功績,あるいは祖先のことを書いた自薦の文書。…

※「申文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android