コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申文 もうしぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申文
もうしぶみ

古文書の一様式。下位の者から上位の者に提出する文書をさし,書出しに「申」の字がある。公式令に定める「」の変容したもの。しかし,倉時代以降,申文なる名称は貴族の官位申請文書だけに用いられ,一般の上申文書は申状と称されるにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もうし‐ぶみ〔まうし‐〕【申文】

下位の者から上位の者へ、願い事などを書いて差し出す文書。中世には多く申し状とよばれた。奏文。
「入道殿下の御前に、―をたてまつるべきなり」〈大鏡・道長上〉
特に平安時代以後、官人が、叙任や官位の昇進を望むとき、その理由を書いて朝廷に上奏した文書。款状(かんじょう)。
「いみじうこほりたるに、―もてありく」〈・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もうしぶみ【申文】

古文書様式の一つ。上申文書で,下位のものが上位に対して事柄を〈申上る〉文書ということからこの名があり,申状ということもある。公式様(くしきよう)上申文書である(げ)が冒頭に〈何某解申……事〉とあるのが,しだいに〈何某申……事〉と変化し,名称も解(解文)から申文に変わったといわれる。中世以降は申文というと,とくに官人叙位任官や官位昇進を希望して,朝廷に申請する款状(かじよう)をさしていうようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もうしぶみ【申文】

個人がその所属官司や上位者に対して請願・訴訟・請求などのために用いる文書様式。中世以降は申状もうしじようの呼称が一般的となり、申文はの用法に限定されるようになった。解文げぶみ。解状。愁状。
平安時代、朝廷に対して、官司がその所属官人の叙位・任官を申請し、また官人自らが申請する場合に提出される文書。申状。款状かんじよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

申文
もうしぶみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の申文の言及

【款状】より

…古代・中世の古文書様式の一つ。申文(もうしぶみ)ともいう。官人・僧侶が位階や官職の叙任や昇進を望むため,自己の経歴・功績,あるいは祖先のことを書いた自薦の文書。…

※「申文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

申文の関連キーワード尾張国郡司百姓等解いとしもなし申し状・申状売位・売官藤原為時長寛勘文交名注文藤原敦光藤原佐理源為憲意見状紛失状風土記注進状紫式部橘直幹平生昌外記政陳状書上

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android