指文字(読み)シモンジ

大辞林 第三版の解説

しもんじ【指文字】

手指を組み合わせてつくる形で、文字を表すもの。寺院の儀式で声を出せないときや、聴覚障害者の意志伝達方法に使われる。 → 指話法

ゆびもじ【指文字】

手指を組み合わせてつくる形で文字を表すもの。寺院の儀式で声を出せないときや、聴覚障害者の意思伝達方法に使われる。 → 指話法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の指文字の言及

【口話法】より

… 1960年代からは,世界的に口話法の再検討が行われるようになった。ソ連では,早期から口話法に指文字を併用する方法が採られているし,アメリカでは,手指の動きで話すことの手がかりを与えるキュード・スピーチcued speechが提唱・実践され,近年ではあらゆるコミュニケーション方法(口話,手話,指文字,書字など)を利用するトータル・コミュニケーションが優勢になってきている。日本では口話法が中心になっているが,幼児期にキュード・スピーチを採用したり,年長児にトータル・コミュニケーションを試行している聾学校もある。…

※「指文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指文字の関連情報