コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙銭 こせん

2件 の用語解説(挙銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挙銭
こせん

鎌倉時代の金融の一つ。奈良,平安時代に行われた出挙銭 (すいこせん) の後身。皇朝十二銭以後,貨幣の流通は衰えたが,鎌倉時代に入り,商業が興ると,宋銭が輸入され流通するようになった。すると銭貨の出挙が再び現れ,これが挙銭と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょせん【挙銭】

鎌倉時代、銭貨を用いて行われた利息つきの貸し付け金。出挙すいこ銭。利銭りせん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の挙銭の言及

【出挙】より

…8世紀の例では744年に紫香楽(しがらき)宮の造営費用を捻出するために司別に一千貫を出挙した例や,写経所における月借銭(げつしやくせん)の例などがよく知られる。9世紀には山城,摂津,河内で治水事業の財源に銭出挙を利用したこともあり,平安京の西市には出挙銭所も設置されていた。銭以外では酒,布が対象となった例もあるが,民間において郡司らが農民の調庸物を代納することにより生じる債務関係も一種の財物私出挙となったことも見のがせない。…

※「挙銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

挙銭の関連キーワード擬古物語下知状節会相撲滝谷寺王朝時代功銭和様西行花伝春日井市道風記念館樋口芳麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone