コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙銭 こせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挙銭
こせん

鎌倉時代の金融の一つ。奈良,平安時代に行われた出挙銭 (すいこせん) の後身皇朝十二銭以後,貨幣の流通は衰えたが,鎌倉時代に入り,商業が興ると,宋銭が輸入され流通するようになった。すると銭貨出挙が再び現れ,これが挙銭と呼ばれた。公家,武家ともにその利息の高騰を抑制した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょせん【挙銭】

鎌倉時代、銭貨を用いて行われた利息つきの貸し付け金。出挙すいこ銭。利銭りせん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の挙銭の言及

【出挙】より

…8世紀の例では744年に紫香楽(しがらき)宮の造営費用を捻出するために司別に一千貫を出挙した例や,写経所における月借銭(げつしやくせん)の例などがよく知られる。9世紀には山城,摂津,河内で治水事業の財源に銭出挙を利用したこともあり,平安京の西市には出挙銭所も設置されていた。銭以外では酒,布が対象となった例もあるが,民間において郡司らが農民の調庸物を代納することにより生じる債務関係も一種の財物私出挙となったことも見のがせない。…

※「挙銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android