コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)図 カケズ

2件 の用語解説(掛(け)図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ず〔‐ヅ〕【掛(け)図】

地図や標本の絵・図などを掛け軸のようにしたもの。主として教材用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

掛図

授業で黒板や壁などに掛けて使う、地図や絵図などが描かれた教材。1872(明治5)年の学制発布で全国に小学校ができ、翌年に教育現場に登場した。当時は子ども一人ひとりに教科書が行き渡らなかったため、多くの子どもに一度に教材を見せることができる掛図が広まったという。その後、教科書の普及、テレビスライドなどの視聴覚教育の登場であまり使われなくなった。

(2009-03-12 朝日新聞 朝刊 和歌山3 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone