コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)図 カケズ

2件 の用語解説(掛(け)図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ず〔‐ヅ〕【掛(け)図】

地図や標本の絵・図などを掛け軸のようにしたもの。主として教材用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

掛図

授業で黒板や壁などに掛けて使う、地図や絵図などが描かれた教材。1872(明治5)年の学制発布で全国に小学校ができ、翌年に教育現場に登場した。当時は子ども一人ひとりに教科書が行き渡らなかったため、多くの子どもに一度に教材を見せることができる掛図が広まったという。その後、教科書の普及、テレビスライドなどの視聴覚教育の登場であまり使われなくなった。

(2009-03-12 朝日新聞 朝刊 和歌山3 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛(け)図の関連キーワード掛軸口無し軸物秤に掛ける柱暦柱時計股に掛ける目に掛ける掛筒状差

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone