コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除く ノゾク

2件 の用語解説(除くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぞ・く【除く】

[動カ五(四)]
取ってなくする。取りのける。除去する。「障害を―・く」「不良品を―・く」「花壇の雑草を―・く」
その範囲に加えないようにする。除外する。「未経験者は―・く」「母を―・いてみんな賛成した」
邪魔者などを殺す。「奸臣(かんしん)を―・く」
[可能]のぞける
[用法]のぞく・のける――「障害物を除く(のける)」のように、じゃまな物を取りのける意では相通じて用いられる。◇「除く」はその場からなくすという意に重点がある。「不安を除く」「障害を除く」など、抽象的な事柄については「のける」は使わない。◇「のける」はその場所から他の位置に移すこと。「ちょっと、そこにある椅子(いす)をのけてください」を「除いて」とは言わない。◇類似の語に「どける」がある。「どける」は「のける」とほぼ同じだが、「のける」のほうが古くからの言い方で、話し言葉としては「どける」が一般化している。ただし「ずばりと言ってのける」「見事にやってのける」のような補助動詞としては「どける」は使わない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のぞく【除く】

( 動五[四] )
取り去る。取ってすてる。除去する。 「活性炭で水の臭気を-・く」 「芝生の雑草を-・く」 「患者の不安を-・く」 「殿上-・かれたりし次の年の春/隆信集」
あるものの範囲に加えない。同類からはずす。除外する。 「沖縄を-・く各地に雪が降った」 「出張中の一人を-・いて全員集まった」
じゃまな人などを殺す。 「君側の奸かんを-・く」
[可能] のぞける

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

除くの関連情報