コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除く ノゾク

デジタル大辞泉の解説

のぞ・く【除く】

[動カ五(四)]
取ってなくする。取りのける。除去する。「障害を―・く」「不良品を―・く」「花壇の雑草を―・く」
その範囲に加えないようにする。除外する。「未経験者は―・く」「母を―・いてみんな賛成した」
邪魔者などを殺す。「奸臣(かんしん)を―・く」
[可能]のぞける
[用法]のぞく・のける――「障害物を除く(のける)」のように、じゃまな物を取りのける意では相通じて用いられる。◇「除く」はその場からなくすという意に重点がある。「不安を除く」「障害を除く」など、抽象的な事柄については「のける」は使わない。◇「のける」はその場所から他の位置に移すこと。「ちょっと、そこにある椅子(いす)をのけてください」を「除いて」とは言わない。◇類似の語に「どける」がある。「どける」は「のける」とほぼ同じだが、「のける」のほうが古くからの言い方で、話し言葉としては「どける」が一般化している。ただし「ずばりと言ってのける」「見事にやってのける」のような補助動詞としては「どける」は使わない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のぞく【除く】

( 動五[四] )
取り去る。取ってすてる。除去する。 「活性炭で水の臭気を-・く」 「芝生の雑草を-・く」 「患者の不安を-・く」 「殿上-・かれたりし次の年の春/隆信集」
あるものの範囲に加えない。同類からはずす。除外する。 「沖縄を-・く各地に雪が降った」 「出張中の一人を-・いて全員集まった」
じゃまな人などを殺す。 「君側の奸かんを-・く」
[可能] のぞける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

除くの関連キーワードコンベンショナルウエポン篩い落とす・篩い落す非タンパク質カロリーロードクリアランス毒を以て毒を制す鳥取藩元文一揆TPPイレブン国民健康保険コアコア指数荷を下ろすスペイン語コアCPI裁判官会議君側を清む揮発性元素漁船漁業脱酸素剤コア指数人形送り灰汁引き

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

除くの関連情報