コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)引く サシヒク

デジタル大辞泉の解説

さし‐ひ・く【差(し)引く】

[動カ五(四)]
ある数量から他の数量を引き去る。「月給から税金を―・く」
ある事柄の過不足などを判断する。「外見の悪さを―・いても性能は評価できる」
潮が満ち引きする。また、体温が上下する。
[可能]さしひける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差(し)引くの関連キーワードイタリアの選挙制度ディスプロダクト賃金カット重量トンカナスタ過不足測定性能税金月給数量事柄悪さ外見体温

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android