コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推参 スイサン

デジタル大辞泉の解説

すい‐さん【推参】

[名・形動](スル)
自分のほうから出かけて行くこと。また、招かれていないのに人を訪問することを、詫びる気持ちをこめていう。
「夜中に―して奉行衆に逢いたいと云うのは宜しくない」〈鴎外・堺事件〉
出すぎていること。差し出がましいこと。無礼なこと。また、そのさま。
「是は―な奴だ、人の運動の妨(さまたげ)をする」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいさん【推参】

〔「おしまいる」の漢字表記「推参」を音読みした語〕
( 名 ) スル
自分の方から相手のところに押しかけて行くこと。また、人を訪問することを謙遜していう語。 「近日中に-いたします」 「面会を得ざれば、是非なく此方こなたへ-したる次第/不如帰 蘆花
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
さしでがましいさま。おこないの無礼なこと。 「己れ下郎、-な/色懺悔 紅葉」 「 -至極」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

推参の関連キーワード参らせ候ふ・進らせ候ふ仏御前夷舁き松囃子其処許都藍尼潤びる祇王漢語悪言

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android