コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

提灯程の火が降る チョウチンホドノヒガフル

デジタル大辞泉の解説

提灯(ちょうちん)程(ほど)の火(ひ)が降(ふ)る

ひどく生計が苦しいさま、ひどく貧乏なさまのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうちんほどのひがふる【提灯程の火が降る】

〔家計の困難を火が降るとたとえ、それも提灯ほどもある大きな火だの意〕
たいへん窮乏している様子をたとえていう語。 「内証は提灯程な火が降つて、大晦日の空おそろしく/浮世草子・一代男 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

提灯程の火が降るの関連キーワード提灯・挑灯・提燈・挑燈浮世草子提灯

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android